ホワイトニングができる歯磨き粉を通販で購入する

ホワイトニングができる歯磨き粉を通販で購入することが出来ます。
通販で購入できるホワイトニング用の歯磨き粉をご紹介します。
商品選びのご参考になさって下さい。

ホワイトニングができる歯磨き粉をご紹介する前に2つ注意点があります。

 

一つ目は、歯磨き粉で出来るホワイトニングとは、歯の表面のくすみや黄ばみなどの汚れを落とすことです。
それ以外にホワイトニングってあるの?とお思いかもしれません。

 

もう1つのホワイトニングが、歯の内側から白くすることです。
こちらが、本来のホワイトニングになります。
このホワイトニングは、歯磨き粉では出来ません。
審美歯科などの専門院で施術するか、専門医に薬剤を処方してもらって自宅で行います。
歯の内側とは、歯の表面がエナメル質で、エナメル質の下に象牙質があります。
象牙質は乳白色で、エナメル質は水晶のように透明です。
歯の白さとは象牙質の乳白色なのです。
歯の表面のエナメル質を薬剤を使用して白くぼかしてゆくことによって、より歯を白くする施術なのです。

 

これからご紹介するホワイトニングができる歯磨き粉は、歯の表面の汚れをおとす商品です。
歯磨き粉では、歯の内側から歯を白くすることは出来ません。

 

 

二つ目は、歯の表面の汚れを落とす方法に2つやり方があります。
1つは、歯の汚れをゴシゴシ落とす歯磨き粉です。
もう1つは、汚れを浮かせて落とす歯磨き粉です。
どちらもステインを落とすのには変わらないのでは?とお考えになるかもしれません。

 

ゴシゴシ落とすタイプは、歯磨き粉に研磨剤が入っています。
研磨剤は清掃剤ともいいます。
実は、エナメル質はとっても傷つきやすいのです。
そこをゴシゴシ汚れを落としたら、エナメル質に傷が付くリスクがあります
傷が付くと、その傷に汚れが付着しやすくなります。
つまり、汚れを落とせても、結果的に汚れが付きやすい歯になっている可能性が高まるのです。
これだと本末転倒になってしまいます。

 

例えると、キッチンのシンクをクレンザーなどでゴシゴシ磨くと、汚れが落ちても傷が付いてしまうのと同じ理屈です。

 

研磨剤や清掃剤と呼ばれる成分は以下のものがあります。
酸化チタン、シリカ、水酸化アルミニウム、炭酸カルシウム、ヒドロキシアパタイト、ピロリン酸カルシウム、マイクロクリスタリンワックス、無水ケイ酸、リン酸水素カルシウムなどです。
市販で販売されいる歯磨き粉ならパッケージの表記で確認をすることが出来ます。
通販で販売されている商品の場合、公式ページに成分が掲載されている製品もあります。

 

最近の歯磨き粉は研磨剤が入っていても、粒子が細かいものになっているので、傷がつきにくくなっている商品もあります。
そうはいっても、ご心配の場合は研磨剤が入っていない歯磨き粉を通販でお求めになるといいのではないかと思います。

 

ホワイトニングができる歯磨き粉

通販で買えるホワイトニングができる歯磨き粉をご紹介します。
一部は歯磨き粉ではなく歯磨きジェルのタイプもあります。
また、掲載順は、商品名の五十音順です。

ランキングではありませんのでご注意願います。

 

継続してご利用になる場合は、通常価格よりお得な定期コースもあります。

定期コースをお申込みの場合は、期間や解約についての詳細を必ずご確認下さい

 

はははのは

「はははのは」は研磨剤、漂白剤、発泡剤、着色料、合成界面活性剤などが不使用がの歯磨き粉です。
完全無農薬の10種類のオーガニック植物成分を配合しています。
お口の乾燥を防ぎ、口臭予防にも効果が期待できます。

 

タバコを吸う方に特におすすめです。

 

詳細(公式サイト)はこちらのページです。
↓     ↓     ↓

 

 

 

パールホワイト

「パールホワイト」は製薬会社と共同で開発したホワイトニング専用歯磨き粉です。
多くの雑誌でも紹介され、@コスメ1位を獲得した歯磨き粉です。

 

手ごろな大きさなので学校や職場にも持っていけます。
詳細(公式サイト)はこちらです。
↓      ↓     ↓

 

 

ビースマイル

「ビースマイル」はモンドセレクション銀賞を受賞しました。
爽やかな使い心地の歯磨きジュエルです。
ステインを包んで落とし、再度付着するのを防ぎ、歯茎を健康に保ちます。
同時に虫歯、歯周病、歯周炎を予防することもできます。
これらは、口臭の原因にもなります。

 

詳細(公式サイト)はこちらです。
↓     ↓     ↓

 

 

 

プレミアムブラントゥース

「プレミアムブラントゥース」はオーガニックにこだわった自然由来の成分を詰め込んでいる歯の美容液です。
歯みがき粉タイプではありません。
歯の美容液ですから毎日の歯磨きの後で使用します。
研磨剤は不使用ですので、粒子で汚れを除去するのではなく、包み込んではがして落とす商品です。
詳細(公式サイト)はこちらです。
↓     ↓     ↓

 

 

 

薬用オーラパール

「薬用オーラパール」は歯の美白成分と歯周病予防成分を一緒に配合した歯磨き剤です。
ホワイトニングと同時に口臭の予防も出来ますので1本でお口の悩みをトータルケアできます。

 

歯の微小欠損の再石灰化を促進する薬用ハイドロキシアパタイトを配合しているのが特徴です。
詳細(公式サイト)はこちらです。
↓     ↓     ↓

 

 

 

薬用ちゅらトゥースホワイトニング

「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」は歯を白く健康に導く成分を配合しています。
歯の沈着汚れを浮かして分解し汚れを包み込んで取り除きます
研磨剤や発泡剤を使用していません。
また、虫歯になる可能性を低下させ、歯肉炎や口臭予防をすることも出来る人気の商品です。

 

厚生労働省が認定した医薬部外品であることも注目ポイントです。

 

歯磨き粉タイプではありませんが、毎日の普段の歯みがきの時に使用します。
また、電動歯ブラシでも使用頂けます。

 

むし歯や口臭の対策も考えている方、たばこをお吸いに気になる方やコーヒーや紅茶がお好きの方にオススメです。
詳細(公式サイト)はこちらです。
↓     ↓     ↓

 

 

 

レディーホワイト

「レディホワイト」は自宅で簡単にホワイトニングができる薬用の歯の美容ジェルです。
ジェルタイプ(ホワイトニングジェル)ですので日頃のハミガキとして使用できますが、普通のブラッシングの後に使用すると効果が倍増します。

 

特にタバコを吸う方におすすめです。

 

詳しい内容(公式サイト)はこちらです。
↓     ↓     ↓

 

 

歯が汚れる原因

歯が汚れる主な原因は次の通りです。

  • 飲食物
  • 喫煙
  • 加齢
  • 先天性・遺伝性
  • むし歯(齲歯)

 

飲食物は、コーヒー、紅茶、お茶、赤ワイン、白ワイン、チョコレート、ココア、ソース、ケチャップ、しょうゆ、ミートソース、カレーライス、ブルーベリー、緑黄色野菜、ニンニク、ネギ、ナッツ類、大豆類、スポーツドリンク、コーラなどの炭酸飲料、飴などポリフェノールやタンニンやカテキンが含まれている食物が着色原因となります。
喫煙をなさっている方はタバコに含まれているヤニが原因となります。

 

このような、飲食物やタバコが原因の汚れは通常の歯磨き粉で落とせません。
ホワイトニング用の歯磨き粉で落とすことが可能です。

 

歳を重ねると歯は黄色っぽく変色してゆきます。
歯の表面のエナメル質が加齢や摩耗によって薄くなり象牙質が透けて見えてくるからです。

 

先天的や遺伝によって生まれつき歯がもともと黄色っぽい方もいらっしゃいます。

 

むし歯の場合は、初めの段階で歯のカルシムとリンが溶け出る脱灰が起こります。
脱灰によってホワイトスポットという現象が生じ、それが進行すると歯は黒くなっていきます。
また、神経が死んだは茶色っぽく変色してゆきます。

 

歯の治療をした際に白い詰め物をして、その詰物が経年劣化によって色が変化することがあります。
歯の神経を治療で取ると、象牙質が変色してゆきますので、色が黒くなったりします。

 

加齢、先天性・遺伝性、むし歯の場合、ホワイトニング用の歯磨きでは歯を白くすることは出来ません。

 

発泡剤が入っている歯磨き粉

市販や通販で購入できる歯磨き粉には発泡剤が入っている商品があります。
発泡剤は、界面活性剤の一種でチューブや箱のパッケージの裏面の主成分の項目にラウリル硫酸ナトリウム(Na)と記載されています。

 

発泡剤(ラウリル硫酸ナトリウム)は別に洗剤成分や合成界面活性剤ともいいます。
合成界面活性剤は化粧品に含まれていることがあります。
天然由来の化粧品の場合だと合成界面活性剤は不使用と謳っています。

 

発泡剤を配合するのは、泡立ちを良くするためです。
しかし、泡立ちがイイと歯をしっかりと磨いたと錯覚してしまう恐れがあります。

 

また、発泡剤は、お口を乾かせてしまうことがあり、口腔内の乾燥は口臭の一因になります。
口の中が乾くと雑菌が繁殖しますので、口臭が発生しやすくなります。

 

 

歯科医院で行うホワイトニングとは

審美歯科などの歯科医院で行うホワイトニングと歯磨き粉で行うホワイトニングには違いがあります。
歯科で行うホワイトニングのことをオフィスホワイトニングといいます。

通販などで販売しているホワイトニング用の歯磨き粉は、歯の表面に付着した汚れを落とし、歯が持っている本来の白さを取り戻すものです。
一方で、オフィスホワイトニングは歯の表面に付いた汚れを落とすことも出来ます。
また、歯の内側から歯を白くするホワイトニングも出来ます。
歯は、表面の部分をエナメル質といいます。
エナメル質は半透明です。
その内側を象牙質といいます。
象牙質の色は乳白色で、歯の白さが象牙質の白さなのです。

 

オフィスホワイトニングは、エナメル質を薬剤を使用してぼかします。
ぼかすことによって、歯をより白く見せることが可能なのです。
オフィスホワイトニングは、歯の内側に働きかけ、歯をより人工的に白く見せる施術なのです。

 

オフィスホワイトニングの難点が、費用が高いということです。
保険が適用されない自費診療となりますので、治療費が比較的高額になります。
しかも、治療は1回で完結をすることは少なく、数回の通院が必要となります。
また、状況によっては痛みを伴うことがあります。
オフィスホワイトニングで歯を白くしても、経年とともに歯が汚れてしまいます。

 

 

歯の表面の汚れを取り除き、歯が持っている本来の白さを取り戻すのなら、歯磨き粉で行うホワイトニングをする。
歯の内側からより白くしたい場合は、審美歯科で行うホワイトニングをする。
このように、分けてお考えになるといいのではないかと思います。

 

もしくは、歯科で歯を白くしたら、歯の白さをキープするために通販などで販売している歯磨き粉を併用するというやりかたもあります。

 

 

歯の汚れを落とす成分

ホワイトニングが出来る歯磨き粉に配合されている成分です。
これらの成分は、商品のパッケージに記載されています。

 

@ハイドロキシアパタイト(ヒドロキシアパタイト)
研磨剤として使われますが、歯を傷つけない作用があります。
また、歯のエナメル質を再生する再石灰化を促す成分です。。

 

Aピロリン酸ナトリウム
水に良く溶ける性質があります。。
歯の表面のステインを浮き上がらせて取り除きます。。
また、歯石の石灰化を抑える作用もあります。

 

Bポリアスパラギン酸ナトリウム(PAA)
歯の汚れのの一因であるタンパク質に反応して固まる性質があります。
そして、歯の汚れを浮かして落とすことができます。

 

CPEG-8(ポリエチレングリコール8)
油によく溶ける性質があります。
よって、歯の表面に付着した水に溶けないステインに合いますので、色素沈着を落とすことが出来ます。

 

Dポリリン酸
歯の着色物を取り除く作用があります。

 

Eリンゴ酸
歯に付着した汚れを落とします。
そして、再び付着するのを防ぐ作用があります。

 

ホワイトニング歯磨き粉の効果

ホワイトニングが出来る歯磨き粉は効果があるのでしょうか。
ホワイトニング歯磨き粉が出来るホワイトニングとは、歯を白くすることですが、歯そのものをより白くすることではありません。
歯そのものをより白くするホワイトニングという意味では効果がありません。
しかし、歯の表面の汚れを落とすホワイトニングという点では効果が期待出来ます。

歯そのものを白くするのは薬剤を使用したホワイトニングです。
日本で販売されているホワイトニング歯磨き粉は法律によって薬剤が入っていませんから、歯の表面の汚れを落とす役割しかないのです。

 

歯の表面の汚れを落とすのなら、ホワイトニング用の歯磨き粉で十分効果が期待出来ます。
ただし、研磨剤が入っていない歯磨き粉を使用したほうがよいです。

 

また、歯磨き粉は即効性がありませんので、ホワイトニング効果を高めるのならば継続して使用することをおすすめします。
どれくらい継続するかは、商品によって異なりますが、数週間程度で効果が表れてくる歯磨き粉やハミガキジェルが多いです。

 

まずは、通販や市販で購入した歯磨き粉を1本使いきってみると、効果の可否が分かるのではないでしょうか。

 

 

ホームホワイトニング

審美歯科などに通院せずに自宅で歯そのものを白くする施術をホームホワイトニングといいます。
完全に通院するホワイトニングと比較すると治療費が安くなるのがメリットです。

 

マウスピースに過酸化水素や過酸化尿素などのホワイトニング効果のある有効成分が入った薬剤を使って行います。
日本国内で行う場合、歯科医師から処方された薬剤を使って行うことが基本となります。
ホームホワイトニングといっても、審美歯科に少しは通院しなくてはいけなくなります。
ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併せて行うデュアルホワイトニングという施術もあります。

 

歯科医師の基で行うホームホワイトニングですが、自宅で行うものですから専用の薬剤の濃度は低くなっています。
歯に与えるダメージが低く抑えらている分、効果や実感が表れるのに時間が掛かるととうデメリットがあります。
開始してから数回行う必要があります。
マウスピースを装着して薬剤を注入して行いますが、マウスピースを装着しているのに一定の時間が必要になります。
時間は1日1時間から2時間程度の時間が必要になります。
また、施術後は色素沈着がしやすいので約30分ほど飲食を控える必要があります。

 

マウスピースは、歯医者から処方されたものならいいのですが、通販などでも購入できるため通販でお求めになる市販品だとサイズがご自身の歯に合わないことがあります。ぴったりフィットしないとホワイトニングの効果が十分に表れない可能性があります。

 

歯の内側からホワイトニングをする場合、知覚過敏、虫歯、歯周病、歯にヒビとった状態や状況ある、光過敏症、過酸化水素を分解できない体質(無カタラーゼ症)などの症状のある方や14歳以下のお子さん、妊婦さんや授乳中の方は控えたほうがよさそうです。

 

 

海外から通販で歯磨き粉を購入する

海外からホワイトニング歯磨き粉やホームホワイトニングの薬剤を通販で購入することが出来ます。
いわゆる個人輸入というものです。

 

アメリカなどの海外のサイトなどで販売されているホワイトニングが出来る歯磨き粉は歯の表面のステインを落とすものではなく、歯を内側から白くする薬剤が入っているものが販売されていますので、通販で購入することが可能です。

 

また、ホームホワイトニング用の薬剤も販売されていますので、通販で購入することが可能です。

 

海外で通販されているそれぞれの商品が、なぜ日本で販売されていないのでしょうか。
それは、ホワイトニングで利用する薬剤を国内で購入して個人的に自宅などで使用することは法律で許可されていないからなのです。
だから、外国製のホワイトニング歯磨き粉や薬剤が販売されていないのですね。
ではなぜ、法律で禁止しているのかといと、国内で販売されている薬剤より濃度が濃いものがあり、痛みやしみるなどの副作用が生じるリスクが高いからなのです。
安全に使えるのか分からないということなのですね。
また、クエン酸などのホワイトニングの薬剤とは認められない成分が入っている場合もあります。
薬剤を医師の指導の下で使用しないと、思わぬリスクが生じることもあるので、日本では承認されていないという理由もあります。
安全性にも疑問が残ります。

海外製は痛みやしみが生じることがあるのに、欧米人は我慢して使用しているのかという疑問が生じます。
歯のエナメル質は人種によって薄さが異なります。
日本人は欧米人に比べるとエナメル質が薄い傾向がありますので、痛みやシミが生じやすいと言われています。

 

刺激、痛み、シミを感じた場合は、すぐにご利用を中止したほうがよさそうです。

 

国内では承認されていない歯磨き粉や薬剤を使って、何らかの症状が発症したら自己責任となりますが、少なからずリスクがありますので、安いからという理由などで使うと思わぬ症状が発症するかもしれませんので、ご使用はおすすめ出来ません。

 

 

その他のホワイトニングの商品

歯磨き粉や通院するホワイトニング以外の商品のメリットやデメリットをご紹介します。
通販やスーパーやドラックストアなど市販で購入することが出来ます。

 

【ペン型】
ペン型は、歯の汚れを落とす薬剤をペンで塗ってゆくというアイテムです。
亜硫酸ナトリウムとい洗浄成分を使っているものもあります。

 

メリットは、ペンタイプですので、携帯に便利で外出先でも用いることが出来ます。
値段も比較的安いものが多いです。
デメリットは、お口の中ということもあり乾くまでに時間が掛かります。
また、ぬりムラが生じやすく、剥がれやすい傾向があります。

 

【マニュキュアタイプ】
歯のマニュキュアです。

 

メリットは、塗るだけなので、即効性があります。
デメリットは、コーティングが剥がれやすいので長時間使用するには不向きです。

 

【消しゴムタイプ】
使い方は、研磨剤が含まれたシリコン製などの先端を歯に当てて汚れを落とします。

 

メリットは、小型なので持ち運びに便利で外出先でも用いることが出来ます。
また、値段も比較的安価です。
デメリットは、研磨剤が入っていますので歯の表面を傷つける恐れがあるのと、シリコン製の先端が壊れやすかったり、ゴシゴシ落とすイメージですから歯の表面に傷を付ける恐れがこちらにもあります。
頻繁に使用しすぎると、最悪の場合、知覚過敏になったりするリスクがあります。

 

【シールタイプ】
シールタイプやパックタイプは、成分が含まれたシートやパックを歯に張り付けます。
継続的に使うことで効果を高める商品です。

 

メリットは、手軽に出来るということです。
デメリットは、歯並びによってはシートやパックをきちんと貼れない場合があったり、価格が比較的高いです。
また、1回あたり30分くらい時間が掛かってしまいます。

 

 

これらの商品には研磨剤や薬剤が含まれているものもありますので、注意書きやリスクなどの情報をチェックのうえご使用下さい。

 

 

ハミガキはどれくらいやるのか

毎日のハミガキはどれくらいやればいいのでしょうか。

 

理想的には15分くらいと言われています。
逆にあまり長い時間磨きすぎると歯の表面を傷つけてしまいます。

 

理想的には15分くらいですが、ただ15分磨いていればいいという訳ではありません。
重要なことは、1本1本すべて丁寧に綺麗に磨くこととです。
1本1本丁寧に磨けば15分かからなくてもいいということです。

 

朝や昼の時などゆっくりと時間をかけてハミガキは出来ません、時間ありきではありませんので安心して下さい。

 

ハミガキは食事の直後になさっても酸蝕症の方以外の方は問題はありません。
酸蝕症とは炭酸飲料や酸の強いものを多く摂る方がなり易い症状で、食後に口腔内が酸性になりそれがもとに戻るのに時間がかかり歯の再石灰化が間に合わない症状です。

 

食事の最中や直後は虫歯菌が糖を餌にして口腔内を酸性にします。
お口の中が酸性になるとエナメル質が溶けだす脱灰という現象が生じます。
その後、唾液の作用によって口腔内はもとの状態に戻り歯の再石灰化が促されます。

 

口腔内が酸性になるのが歯にとってよくありませんので、食後にハミガキをしても大丈夫なのです。

 

 

ハミガキの際は歯ブラシを歯に直角に当てます。
歯と歯ぐきの間もブラッシングするのも大切です。
力を入れすぎる方が多いのですが、力を入れた方が汚れを落ちやすいと思いがちですが、歯の表面を傷つける恐れがあります。
適度な力でブラッシングします。
歯の後ろや裏側はブラシが届きにくいのでしっかりと磨きます。
通常の歯磨き粉やホワイトニング用の歯磨き粉は適量使用して下さい。
パッケージに適量が記載されていることがありますので、一度ご覧になって下さい。

 

ちなみに、歯ブラシは事前に水で濡らさない方がいいです。
水で濡らすと歯磨き粉の泡立ちが良くなり、ツイツイ磨いたつもりになってしまいます。

 

ハミガキが終わったら水で濯ぎますが、すすぐのは1〜2回程度で十分です。
通常の歯磨き粉にはフッ素が入っているものがありますので、あまり多くすすぐとフッ素も流してしまいます。

 

ハミガキのついでに舌も磨いてしまうという方は要注意です。
舌はデリケート、なので通常のハミガキでは磨かないでください。
舌用のブラシやヘラで汚れを除去して下さい。

 

歯の隙間は歯ブラシでは磨けません。
デンタルフロスや歯間ブラシを使用します。
歯間には歯垢が着きやすく取りずらいので、しっかりと取り除きたいです。
歯間の歯垢が歯石になりやすくなりますので、歯石は歯科医院でしか除去出来ません。